スノーズガーデンのアロマセラピー


 

 

 

”もっとも必要としている方”にアロマセラピーが届いていない。

と、スノーズガーデンは思います。 

 

「治療中のつらさ」

「不調に対応する予防医学」

 

 

 ”不調に対応するための手段”として、アロマセラピーを用いること。

 

それが、

スノーズガーデンが得意とする

補完療法としての”クリニカルアロマセラピー”

 

 

 

「本当のアロマセラピーを伝えたい」と

スノーズガーデンは考えています。

 

香害という言葉が生まれ、

”アロマ”という言葉が正しく理解されず、

一人歩きしてしていることを

スノーズガーデンは疑問に思っています。

 

 

国内に輸入されている香りの材料である植物や精油。

輸入量と現在の香り市場を比較すると、10倍の量が出回っています。

つまり本物は10%とわずか。

アロマセラピストはその10%を見分けることが要求されます。

アロマセラピーとは天然の植物から抽出した精油のみを用います。

 

人工的に作った香りは一切使いません。 

 



 

 

薬を飲んだり、

"今、つらい症状をとる現代医学”も、

スノーズガーデンは必要だと思います。

 

 

でも、なぜつらくなったのか?

根本的な原因を知ることは”自分の体質”を知ることです。

 

 

 

生活の中で不調がみられたとき。

自分で対処できることは強みだと考えています。

 

 

たとえば生理痛。

痛みを薬でごまかすのではなく、

根本的に痛みをなくすためにはどうすればよいのか?

 

 

”東洋医学からみる体質”。

日頃の”食事”。

”生活習慣”などから一緒に原因を探していきます

 

そのため、

初めてお越しいただいた際。

お話しを伺う時間は1時間。

 

でも”あっという間の1時間”になります。

 

 

 

 

一部ではなく、全体をみる。

苦手な季節や苦手な食べ物には理由がある。

 

そんな”東洋医学の考え方”を、スノーズガーデンは大切にしています。

 

 

 

東洋医学の考えである「ツボ」や「経絡」。

その観点から

 

「精油の選択」 

 そして

「トリートメント(マッサージ)」を行うスノーズガーデンです。

 



 

 

アロマセラピーで用いる精油は、

”不足している所を補う”という性質を持ちます。

 

何が不足しているのか?

それを知ることは自分の体質を知ること。

 

気持ちが落ち込んだ時、

生理痛がひどいとき、

抗がん剤で吐き気がある時。

 

同じ症状でも、必要な香りは10人10色です。

 

 

あなたに個性があるように、

”あなたの香り”にも個性があります。 

 

 

”あなたの香り”はあなたの味方に。

 

 

 

病気や不調があっても

わたしらしくいられるように

”自分で自分をコントロール”できる。

 

それが、スノーズガーデンが届けたい

「 わたしらしく香る生き方 」です。